ホーム活動状況協議会全国市議会議長会指定都市協議会平成29年度

全国市議会議長会指定都市協議会

設立年月日

平成25年5月21日

加盟市の数

20市(政令指定都市)

加盟市一覧(H29.9.11現在)

会長市

川崎市

設立目的

指定都市に関わる制度や行政課題を協議し、指定都市以外の市とも連携しつつ、在るべき大都市制度の実現等に資することを目的とする。

平成29年度

平成29年11月14日第15回国と地方の協議の場等に関する特別委員会

   松原成文会長(川崎市議会議長)が委員長として出席しました。また、石田正明福岡市議会副議長が委員として代理出席しました。


平成29年11月13日指定都市市長会への活動状況報告(神奈川県川崎市)

   松原成文会長(川崎市議会議長)が、平成29年度の本協議会の要望項目及び要望活動の状況等について、指定都市市長会の指定都市議長会連携担当である福田紀彦川崎市長に報告しました。

平成29年11月9日要望活動

   会長ほか、計9名は、菅 義偉内閣官房長官と面談し、多様な大都市制度の早期実現、地方税財源の充実確保、災害対応法制の見直しについて要請しました。

   参加者:松原成文会長(川崎市議会議長)、山田一仁委員(札幌市議会議長)、松本 研委員(横浜市会議長)、沼倉孝太委員(相模原市議会議長)、永井武弘委員(新潟市議会議長)、井上恒彌委員(静岡市議会議長)、渥美 誠委員(浜松市議会議長)、寺田一博委員(京都市議長)、野里文盛委員(堺市議会議長)


菅 義偉内閣官房長官に対し要望


菅 義偉内閣官房長官と参加議長


   副会長及び監事ほか、計5名は、岸田文雄自民党政務調査会長と面談し、多様な大都市制度の早期実現、地方税財源の充実確保、災害対応法制の見直しについて要請しました。

   参加者:川上晋平副会長(福岡市議会議長)、永田雅紀監事(広島市議会議長)、斎藤範夫委員(仙台市議会議長)、新藤信夫委員(さいたま市議会議長)、小松﨑文嘉委員(千葉市議会議長)


岸田文雄自民党政務調査会長に対し要望


平成29年11月8日要望活動

   正副会長及び監事ほか、計15名は、小此木八郎内閣府特命担当大臣(防災)、篠原俊博総務省大臣官房審議官と面談し、災害対応法制の見直し、多様な大都市制度の早期実現について要請しました。

   参加者:松原成文会長(川崎市議会議長)、川上晋平副会長(福岡市議会議長)、永田雅紀監事(広島市議会議長)、斎藤範夫委員(仙台市議会議長)、新藤信夫委員(さいたま市議会議長)、小松﨑文嘉委員(千葉市議会議長)、松本 研委員(横浜市会議長)、沼倉孝太委員(相模原市議会議長)、永井武弘委員(新潟市議会議長)、井上恒彌委員(静岡市議会議長)、渥美 誠委員(浜松市議会議長)、寺田一博委員(京都市議長)、野里文盛委員(堺市議会議長)、田尻祐二委員(岡山市議会副議長)、澤田昌作委員(熊本市議会議長)


小此木八郎内閣府特命担当大臣(防災)に対し要望


小此木八郎内閣府特命担当大臣(防災)と参加議長


篠原俊博総務省大臣官房審議官に対し要望


平成29年11月7日第14回総会

   松原成文会長(川崎市議会議長)の開会挨拶のあと事務報告を行い、続いて、協議に入りました。要望書(案)及び要望活動について、いずれも原案どおり決定するとともに、大阪市提出議案(『2025日本万国博覧会』の大阪・関西誘致を応援する決議)についても原案どおり決定しました。次に、指定都市市長会との連携についてこれまでの経過説明を行ったあと、指定都市市長会と指定都市議長会との連携担当である川崎市の総務企画局北理事から、指定都市市長会の平成29年度の活動状況について報告を受けました。

   協議の他には、平成29年度の本協議会の協議すべきテーマである「議会の権能強化」に関する意見交換を行い、沼倉孝太委員(相模原議会議長)、永田雅紀監事(広島市議会議長)から、取組状況等について、それぞれ説明をいただきました。


挨拶する松原成文会長(川崎市議会議長)


第14回総会の様子

要望書

『2025日本万国博覧会』の大阪・関西誘致を応援する決議

平成29年11月7日局長会議

   平成30年度本協議会要望書(案)及び第14回総会の日程等について協議しました。

平成29年11月2日指定都市市長会からの活動状況報告(神奈川県川崎市)

   指定都市市長会の指定都市議長会連携担当である福田紀彦川崎市長から、松原成文会長(川崎市議会議長)に対し、平成29年度の指定都市市長会の活動状況について報告がありました。


左奥が松原会長、右奥が福田川崎市長

平成29年8月17日第13回総会(福岡県福岡市)

   松原成文会長(川崎市議会議長)の開会挨拶、開催市の川上晋平副会長(福岡市議会議長)、貞刈厚仁・福岡市副市長の挨拶に続き、事務報告の後、協議に入りました。

   協議では、平成28年度本協議会歳入歳出決算を認定し、平成29年度の活動及び会議・要望活動日程について、いずれも原案どおり決定したほか、大阪市より提出された「『2025日本万国博覧会』の大阪・関西誘致を応援する決議」について、提案説明がありました。

   また、今年度協議すべきテーマのうち「多様な大都市制度の創設等について」を取り上げ、災害対応法制の見直し等に関する各市の意見照会結果を報告し、意見交換を行いました。岡部恒司委員(仙台市議会議長)、澤田昌作委員(熊本市議会議長)、沼倉孝太委員(相模原市議会議長)、渡辺義郎委員(名古屋市会議長)から、各市の事例及び取組状況等に関する説明をいただきました。

   なお、総会後に開催された研究会では、嶋田暁文・九州大学大学院法学研究院准教授から「政令市のあり方を考える~道府県との関係・都市内分権・広域連携を中心に」と題する講演を拝聴したのち、嶋田氏と委員間で活発な意見交換が行われました。


挨拶する松原成文会長(川崎市議会議長)


挨拶する川上晋平副会長(福岡市議会議長)


第13回総会の様子


総会後に開催された研究会の様子

   

平成29年8月17日局長会議(福岡県福岡市)

   第13回総会の運営及び加盟市提出議案について協議しました。

平成29年7月27日局長会議(大阪府大阪市)

   平成29年度本協議会活動(案)及び第13回総会の日程等について協議しました。

平成29年7月5日第14回国と地方の協議の場等に関する特別委員会

   川崎市議会の議長交代に伴って欠員となっていた「国と地方の協議の場等に関する特別委員会」の委員長に、松原成文会長(川崎市議会議長)が就任しました。また、川上晋平副会長(福岡市議会議長)が委員として出席しました。

平成29年6月23日

   福岡市における議長交代に伴い、本協議会規約第6条第3項の規定により後任議長の川上晋平氏が本協議会の副会長に就任しました。

平成29年6月5日

   川崎市における議長交代に伴い、本協議会規約第6条第3項の規定により後任議長の松原成文氏が本協議会の会長に就任した。

平成29年5月30日

   大阪市における議長交代に伴い、本協議会規約第6条第3項の規定により後任議長の山下昌彦氏が本協議会の監事に就任した。

平成29年5月24日全国市議会議長会各委員会合同会議

   全国市議会議長会の5常任委員会及び特別委員会の正副委員長が選任され、石田康博会長(川崎市議会議長)が国と地方の協議の場等に関する特別委員会の委員長に、おばた久弥副会長(福岡市議会議長)が委員に、それぞれ就任しました。

平成29年5月23日会計監査

   石田康博会長(川崎市議会議長)立会いのもと、木下誠監事(大阪市議会議長)、永田雅紀監事(広島市議会議長)が平成28年度本協議会会計決算の監査を行いました。

平成29年4月1日新役員の就任

   本協議会会長に川崎市の石田康博議長、副会長に福岡市のおばた久弥議長、監事に大阪市の木下   誠議長及び広島市の永田雅紀議長が就任しました。

ページの先頭へ