ホーム活動状況協議会全国広域連携市議会協議会令和元年度

全国広域連携市議会協議会

設立年月日

昭和45年7月17日

加盟市の数

175市

加盟市一覧(令和元年7月1日現在)

会長市

鳥取県鳥取市

設立目的

広域連携を推進するとともに、要望事項の実現を図るため、政府並びに国会に対する要請、関係団体との連絡及び必要な調査研究を行う。

令和元年度

令和元年7月30日正副会長・監事・相談役会議

   山田会長(鳥取市議会議長)の開会挨拶に続き、事務報告を了承し協議に入り、広域連携施策に関する要望(案)、要望活動の方法、令和元年度会議日程(案)についていずれも原案のとおり了承しました。
   なお、協議終了後、事務局より、加盟市数の減少に伴う負担金収入の減少など、最近の本協議会の課題に関する状況説明があり、近く各会員に対して本協議会の今後のあり方に関するアンケートを実施したい旨の報告が行われました。
   会議終了後、正副会長・監事・相談役は、古賀友一郎総務大臣政務官、阿部知明総務省行政局行政課長、田中聖也総務省自治行政局市町村課長と面談し、広域連携施策に関する要望の善処について要請しました。
   また、当日は、田中聖也総務省自治行政局市町村課長から「広域連携を取り巻く現状と課題について」と題する説明を聴取しました。

挨拶する山田会長(鳥取市議会議長)


正副会長・監事・相談役会議の模様


古賀総務大臣政務官に要望


総務省行政局行政課長に要望


広域連携施策に関する要望

令和元年7月30日監事会議

   山田会長立会いのもと、監事4市により平成30年度本協議会会計決算の監査を行い、予算執行が適正であることが認められました。

令和元年6月11日

   山田会長は、全国市議会議長会副会長に就任した佐藤正洋氏(長崎市議会議長)に、本協議会規約第4条の2及び相談役の委嘱に関する申し合せに基づき、相談役を委嘱しました。
   なお、天沼久純氏(盛岡市議会議長)及び髙木 妙氏(高知市議会議長)は、全国市議会議長会副会長を退任したことに伴い、本協議会の相談役を退任しました。

令和元年5月28日

   山田会長は、本協議会相談役市である福井市議会において、議長改選により、青木幹雄氏から堀川秀樹氏に議長交代したため、本協議会規約第4条の2及び相談役の委嘱に関する申し合せに基づき、前会長市議会議長の堀川秀樹氏に相談役を委嘱しました。

ページの先頭へ