ホーム活動状況委員会国と地方の協議の場等に関する特別委員会令和元年度

国と地方の協議の場等に関する特別委員会

令和元年度

令和元年7月25日第18回委員会

   正副委員長に次の諸氏を選任しました。

   委員長 兵庫県 神戸市会議長 安達和彦 氏 【政令指定都市】

   副委員長 福島県 いわき市議会議長 菅波 健 氏【中核市】

   副委員長 神奈川県 小田原市議会議長 奥山孝二郎 氏 【施行時特例市】

   副委員長 宮崎県 延岡市議会議長 松田和己 氏【人口20万人未満の市】

   「国と地方の協議の場」の動向等についての野尻哲雄会長(大分市議会議長)からの報告を了承するとともに、今後の運営等について協議しました。
   なお、当日は、加藤博和名古屋大学大学院環境学研究科付属持続的共発展教育研究センター教授から「平常時でも災害時でも頼りになる公共交通網を地域自らつくり出すために」と題した講演を聴取しました。

挨拶する安達和彦委員長(神戸市会議長)



「国と地方の協議の場」の動向等について報告する野尻哲雄会長(大分市議会議長)


名古屋大学大学院環境学研究科付属持続的共発展教育研究センターの加藤教授による講演

令和元年6月11日各委員会合同会議

   地方行政、地方財政、社会文教、産業経済、建設運輸の5委員会委員長が選任されたことに伴い、本委員会の委員に就任しました。

令和元年6月11日第95回定期総会

    森 之嗣副委員長(あわら市議会議長)が平成30年度本委員会の活動結果について報告を行いました。また、野尻会長から24市の議長に本委員会委員の委嘱が行われました。

令和元年6月10日第215回理事会

    森 之嗣副委員長(あわら市議会議長)が地方議会の魅力と権能を強化する方策についての提言について報告を行いました。

ページの先頭へ