ホーム活動状況委員会社会文教委員会平成28年度

社会文教委員会

平成28年度

平成29年2月15日第158回委員会

   平成28年度本委員会要望結果の概要について了承するとともに、次年度委員会への申し送り事項(案)、今後の運営について協議し、原案のとおり決定しました。

   なお、当日は、厚生労働省大臣官房会計課の渡辺由美子課長から「平成29年度厚生労働省予算案の概要について」、文部科学省大臣官房会計課の助川 隆副長及び初等中等教育局初等中等教育企画課の森田正信課長から「平成29年度文部科学省予算案の概要について」と題する説明をそれぞれ聴取しました。


挨拶する伊藤委員長(東温市議会議長)


第158回社会文教委員会の模様


平成29年2月15日正副委員長会議

   平成28年度本委員会要望結果の概要、次年度委員会への申し送り事項(案)、第158回委員会の運営及び今後の運営について協議しました。

平成29年2月9日第102回評議員会

   各委員会の活動報告が行われ、本委員会においては、伊藤隆志委員長(東温市議会議長)がその概要を申し述べました。

平成28年11月25日第157回委員会

   石田善秋副委員長(焼津市議会議長)の挨拶の後、欠員となっていた委員長の補欠選任を行い、伊藤隆志委員(東温市議会議長)を委員長に選任しました。協議では、第101回評議員会議決事項のうち本委員会への付託事項及び本委員会の所管事項をめぐる諸情勢を勘案して作成した要望書、平成28年熊本地震に関する要望書、東日本大震災からの復旧・復興に関する要望書を原案のとおり決定するとともに、決定した要望事項の実現に向け、政府及び関係各省庁、地元選出国会議員などに対し要望活動を行うこととしました。
   会議終了後、伊藤隆志委員長(東温市議会議長)、大矢 保副委員長(青森市議会議長)、石田善秋副委員長(焼津市議会議長)は、古屋範子厚生労働副大臣に対し面談要望を行いました。
   なお、当日は、厚生労働省大臣官房会計課の渡辺由美子課長から「平成29年度厚生労働省概算要求の概要について」、文部科学省大臣官房会計課の吉田   潔予算企画調整官から「平成29年度文部科学省概算要求の概要について」と題する説明をそれぞれ聴取しました。


社会文教施策に関する要望書
平成28年熊本地震に関する要望書
東日本大震災に関する要望書


挨拶する石田副委員長


新たに選任された伊藤委員長


会議風景


古屋範子厚生労働副大臣に要望する正副委員長①


古屋範子厚生労働副大臣に要望する正副委員長②



平成28年11月25日正副委員長会議

   第101回評議員会における付託事項並びに本委員会の所管事項をめぐる諸情勢を勘案して作成した要望書(案)等のほか、第157回委員会の運営、今後の運営について協議しました。

平成28年11月17日国保制度改善強化全国大会

   国民健康保険中央会、都道府県国民健康保険団体連合会、全国国民健康保険組合協会及び本会をはじめとする地方六団体の国保関係9団体主催による国保制度改善強化全国大会が開催され、10項目からなる決議を満場一致で決定し、大会終了後、関係省庁等へ要望運動を行いました。

平成28年11月9日第101回評議員会

   評議員会では、各委員会の活動報告が行われ、本委員会においては、石田善秋副委員長(焼津市議会議長)がその概要を申し述べました。
   また、会長提出議案4件、部会提出議案17件が可決されました。本委員会には、①地方創生の推進に関する決議、②平成28年熊本地震からの復旧・復興に関する決議③東日本大震災からの復旧・復興に関する決議、④市町村による継続的かつ安定的な森林整備等の財源に充てる税制(森林環境税(仮称))等の新たな仕組みの早期導入等について、⑤子育て・教育・医療環境の充実について、⑥国民健康保険制度改革における財政支援等について、⑦持続可能な国民健康保険制度の確立及び財政支援について、⑧国による子ども医療費助成制度の創設について、⑨骨髄移植ドナーに対する支援の充実に関する要望、⑩発達障がい等の子どもたちに対する特別支援教育体制の充実を求めることについて―の10件が付託されました。

平成28年11月6日

   東温市議会議員の任期満了に伴い、山内孝二委員長が退任しました。

平成28年7月26日第204回理事会

   各委員会における平成28年度の運営について報告が行われ、本委員会においては、大矢副委員長が、その概要を申し述べました。

平成28年7月15日第156回委員会

   前年度委員会からの申し送り事項及び第92回定期総会における付託事項並びに本委員会の所管事項をめぐる諸情勢を勘案して作成した要望書、平成28年熊本地震に関する要望書、東日本大震災に関する要望書の3件を原案のとおり決定するとともに、決定した要望事項の実現に向け、政府及び関係各省庁、地元選出国会議員などに対し要望活動を行うこととしました。
   会議終了後、山内孝二委員長(東温市議会議長)、大矢保副委員長(青森市議会議長)、石田善秋副委員長(焼津市議会議長)は、塩崎恭久厚生労働大臣に対し面談要望を行いました。
   なお、当日は、厚生労働省社会保障担当の度山徹参事官から「社会保障施策の最近の動向について」、文部科学省大臣官房政策課の高野智志専門官から「文教施策の最近の動向について」、それぞれ説明を聴取しました。


要望書

平成28年熊本地震に関する要望書

東日本大震災に関する要望書


第156回社会文教委員会の模様


塩崎恭久厚生労働大臣(右から2人目)に要望する正副委員長


平成28年7月15日正副委員長会議

   前年度委員会からの申し送り事項及び第92回定期総会における付託事項並びに本委員会の所管事項をめぐる諸情勢を勘案して作成した要望書(案)のほか、第156回委員会の運営等について協議しました。

平成28年5月31日各委員会合同会議

   第92回定期総会終了後、各委員会の合同会議を開催し、本委員会の正副委員長に次の諸氏を選任しました。
   委員長     愛媛県   東温市議会議長      山内   孝二   氏
   副委員長  青森県   青森市議会議長      大矢      保   氏
   副委員長  静岡県   焼津市議会議長      石田   善秋   氏

平成28年5月31日第92回定期総会

   本委員会においては尾山信義委員長(山陽小野田市議会議長)が、平成27年度要望結果の概要を報告しました。
   また、部会提出議案25件及び会長提出議案4件が可決され、このうち14件(部会提出議決事項11件、会長提出議決事項3件)が本委員会へ付託されました。
   本委員会へ付託された議決事項は、①地方創生の推進に関する決議、②平成28年熊本地震からの復旧・復興に関する決議、③東日本大震災からの復旧・復興に関する決議、④東日本大震災からの早期復旧・復興について、⑤東日本大震災に伴う復旧・復興支援について、⑥原子力発電所事故災害への対応について、⑦社会保障・税番号制度、国民健康保険の都道府県化に係るシステム改修等の財政支援策を求める要望、⑧国による子ども医療費の無料化等の実施について、⑨介護従事者の養成に対する支援について、⑩地域医療を支える人材確保について、⑪C型肝炎新薬の影響による医療費増加に対する特別調整交付金での財政措置について、⑫後期高齢者医療保険料の軽減特例の見直しにかかる低所得者に十分配慮した激変緩和措置の実施について、⑬2020年東京オリンピック・パラリンピックの聖火台への「火焔型土器」の採用と縄文文化の発信について、⑭地球温暖化対策の拡充と広域連携の推進について――となっています。
   本委員会委員に22市の議長が選任されました。

ページの先頭へ