ホームよくある質問と回答その他

その他

年金を担保にして、金融機関からお金を借りることができるでしょうか。

原則として、年金を担保にして銀行等からお金を借りることはできません。
ただし、株式会社日本政策金融公庫又は沖縄振興開発金融公庫に限り、年金を担保にして融資を受けることができることとされています。
融資を受ける場合は、株式会社日本政策金融公庫又は沖縄振興開発金融公庫にお問い合わせください。


株式会社 日本政策金融公庫(別サイトへリンク)
事業資金相談ダイヤル
電話   0120-154-505

沖縄振興開発金融公庫(別サイトへリンク)
融資第二部 融資相談・教育恩給担当室
電話 098-941-1798

海外に居住する場合、共済会に対して手続きが必要でしょうか。

所属された市議会の事務局にご連絡ください。

遺族年金受給者ですが、「20歳前の傷病に基づき、現在も引き続き障害基礎年金1級若しくは2級に該当」している障害の子がいる場合、現在受給している遺族年金の額に加算されることはあるのでしょうか。また、障害基礎年金の額が共済会の年金と調整を受けるのはどのような場合でしょうか。

共済会から支給している遺族年金の額が加算されることはありません。また、国民年金法第30条の4に規定する20歳前の傷病にもとづく障害基礎年金の受給権者が、同法施行令第4条の8に規定されている議員年金など他の公的年金を受けることができる場合、障害基礎年金の支給が停止されることとなっています。
ただし、障害基礎年金の額が併給限度額以上であって、議員年金など他の公的年金の額を超えるときは、障害基礎年金の額のうち議員年金など他の公的年金の額を超える部分については支給されます(国民年金法第36条の2第1項・第4項)。

地方議会議員の年金には、「離婚に伴う年金の分割制度」はあるのでしょうか。

地方議会議員年金制度においては、「離婚に伴う年金の分割制度」はありません。

ページの先頭へ